スタッフ紹介

講師スタッフ

鎌田敬介

(Kamata Keisuke)

取締役専務 CTO

元ゲーマーで、大学時代にITエンジニアとしてネットワークからアプリまで一通り経験。2002年よりJPCERT/CCにてセキュリティを学び、国際連携や海外セキュリティ機関の設立を支援。半年間の経営コンサルタント助手を経て、2011-2014年、大手金融機関のIT・サイバーセキュリティ管理に従事。その後、一般社団法人金融ISAC立ち上げに参画。現在は複数の組織に所属しながら、各種セキュリティコミュニティの活性化支援、国内外講演や幹部向けのレクチャー、技術者向けのハンズオントレーニングなどを行う。著書に「サイバーセキュリティマネジメント入門」および英語版の「Introduction to Cybersecurity Management」。

竹田春樹

(Takeda Haruki)

執行役員 CXO

2004年より、一般社団法人JPCERTコーディネーションセンターにてサイバーセキュリティに関わる業務を開始。定点観測システムの運用、情報収集発信を行う早期警戒業務などを経験し、2006年よりアーティファクト分析業務に従事。インシデント対応支援業務を通して標的型攻撃など、実際に発生したインシデントで確認したマルウエアや各種ログ情報、攻撃ツールなどの各種アーティファクトの調査・分析業務を実施。2012年にリーダー、2016年にマネージャーに就任。対外的な講演やハンズオントレーニングの講師を行うなど幅広く活動を行う。現在はOSINT (Open Source Intelligence) を用いた情報収集分析業務を中心に活動を行なっている。

宮内 雄太

(Yuta Miyauchi)

講師 /CISSP

2012年に情報系大学院を修了後、某大手銀行グループにてシステム基盤開発を担当。2014年にセキュリティの世界に足を踏み入れた後、2018年よりグループCSIRTのメンバーとしてインシデント対応やグループ内外でのサイバー人材育成に従事。

DOJO Liteではメイン講師を担当。CISSPホルダー。たまにDEFCONに参加する。うさぎをこよなく愛する。

運営スタッフ

DOJO生のお悩み相談から、講師活動、コンサルタント業務、契約業務までさまざまな支援をしているのが私たち運営スタッフです。「ちょっと教えてほしいことがある」は私たちにお声がけください。 (お問合せフォーム

御厨 薫

Kaoru Mikuriya

執行役員 COO

長くフィジカルセキュリティ企業に身を置き、若き頃、実際に現場で侵入者と相対した経験を持つ。

企業、教育機関における資産や子供の命のほか、国際会議での皇室、要人向けセキュリティ仕様策定、リアルな多層防御の知見を活かした情報セキュリティサービス企画を経験。

2014年~2016年FISC(公益財団金融情報システムセンター)に在籍し、サイバーセキュリティ対策室立ち上げ、国内外調査研究に従事。2020年4月より現職。

川崎 真郷

Masato Kawasaki

マネージャ CZO

中央省庁在籍中の2015年より本格的にIT/セキュリティの世界へ。所管業界横断的な官⺠連携サイバーセキュリティ演習の企画やIT大学院への派遣、所属組織のIT戦略⽴案等を経験。

2020年4月より現職。公共セクターでの経験を活かしつつ、従来の枠組みにとらわれない新たな社会貢献に取り組むべく、DOJO事業の展開等をサポート。

本多 暁

Akira Honda

DOJO Operation Manager


SIの世界から召喚されたなんでも屋。DOJOでも何でもやる、新型モ○○スーツ

言いたいことはいろいろあるけれど大人の事情なのでお察しください、と言いたいけどそれすら言わない新型モ○○スーツ。

もちろん、スーツにネクタイが標準装備である。

Jack

マエストロ

Jackは世を忍ぶ仮の姿。

バイク好き。多言語仕様

次世代スタッフ U24

ふざけた名前にみえますか?そう思う人こそ接してもらいたいのがこの次世代スタッフ(学生)たちです。

日本の次の時代を背負う人材たちから学ぶことは多いと思いますよ。

SSSS.ZERO

DOJO Operation Manager

電気の通るものは何でも好物。いつか世界を征服しようと黒魔術の学習に余念が無いまま高校を卒業。自分が知っていることは知っていることだけだと主張。電脳世界のみでは飽き足らず物理空間における操舵能力を得た。音でエンジンを判別する能力を持つ。口癖は「 () 」

nora 75

自作キーボードで電子世界の全てを操る、闇の世界から訪れた大いなる支配者。半田付けはあたりまえ。

Tayu

「メモリとHDDとSSDは食べ物」が信条の高校生。いつか空からの使者(天使希望)により天啓を受け、勇者になると信じている。マザボは別腹。剣より斧派。いまは10Gのルータがほしい。何に使うのか?それは人生に意味を求めるのと同じだ。

bebe/sjcl

見た目で戦力の高さは推定可能だが、真の実力を隠し続けているため正体不明。もはや高校生ではない。一日を電車の中で寝て過ごすこともあるが本人は気にしない。最近行方不明気味

Kuramubon_8810

彼の能力はボンバーマンによって解き放たれた。なぜボンバーマンだったのかは誰にもわからない。かぷかぷ笑うことが全てではないが、なぜわらったのかは誰も知らない。理由など必要ない。そう、いまはただ目の前にあるものをなぎ倒すのみ。それが俺に与えられた使命だから。

yanorei32

「テレビ電話がないならつくればいいじゃない」

「ついでにあれもこれもできると便利だよね」

お菓子を作るようにデバイスを開発し、広く世のために貢献することは当たり前だと考えている(かもしれない)。次のエモノを定めたら高速エディタを操り仕留める。今日もエモノを探してネットの海をさまようのだ。

Armoris顧問

エストニアのサイバーセキュリティ権威や経営を熟知した人財が顧問としてArmorisを強力に支えます。

松本 徹三

Ted Matsumoto

特別顧問

1962年に京都大学法学部を卒業後、伊藤忠商事(米国会社エレクトロニクス部長、東京本社通信事業部長等)、クアルコム(日本法人会長・社長、米国本社SVP)、ソフトバンクモバイル(取締役副社長)等で合計58年以上の勤務経験を持ち、現在も国内外の企業向けにコンサルタントサービスを行なっている。最近の著書に「AIが神になる日(シンギュラリティーが人類を救う)」がある。

レイン・オッティス

Rain Ottis

顧問

エストニアのタリン工科大学教授でサイバーセキュリティマネジメントの教鞭をとるとともにデジタルフォレンジック(捜査)センターの責任者を務める。NATOサイバー防衛センターで戦略分析などを担当した経験を持つ。現在、同センターにおける演習の評価チームリーダー。

ヤーン・プリッサル

Jaan Priisalu

顧問

NATOサイバー防衛センター(在エストニア)のシニアフェローをはじめ、ブロックチェーンや仮想通貨企業で CTOを務めた経験を持ち、重要インフラ や情報資産の防衛分野における世界的権威。NATOサイバー防衛センターでは世界最大となる 防衛技術演習を創設した。