団体向け研修

【団体向け】サイバーセキュリティトレーニング

 本プログラムの内容につきましては、個別にお問合せください。

 団体向け研修は、お問い合わせを受け付けたのち、弊社担当者と詳細(スケジュール・価格・実施内容)をお打ち合わせの上で決定するプログラムとなっております。

団体向け講座は、昨今高まるサイバー攻撃の脅威や、DX推進やクラウド、リモートワーク利用増など事業環境の変化に際して起きうる情報セキュリティ事故から自組織を守るため、研修等を通じて「人」の側面で向上させることを目的としています。


Armorisでは、自主、実戦を重んじており、受講者自らが参加、発言しながら能力を高めることが可能なコンテンツを開発しています。

組織みんなで

幅広い対象向けに動画を使って
イメージしやすく

動画を用いたセキュリティワークショップシリーズ

事業チームで

セキュリティ対応力を高めたい
チーム向け

ロールプレイ型演習で
組織対応を強化

ロールプレイ型インシデント対応演習 DOJO CORE

セキュリティチームで

セキュリティ技術者向け

環境を使って
インシデント初動対応力を強化

インシデント発生時対応技術に関するハンズオン講座

具体サービス

動画を用いたセキュリティワークショップシリーズ

■非IT部門にも積極参加いただけます

セュリティ事案をドラマを通じてイメージ

発言をともなうワークショップ型研修で情報セキュリティを“自分ごと”に 


ロールプレイ型インシデント対応演習 DOJO CORE

■組織初動態勢状況のチェックや改善のきっかけに

インシデント初動対応をチームで疑似体験

組織を守るために伸ばすべきこと、欠けていることを発見

サイバーインシデントの初動対応を想定した場面シナリオをご用意

ロールプレイを通じて状況把握、報告、影響範囲特定などをチームで取組むことで組織改善や実戦に生かすことを目的とした内容

経営層向けサイバーセキュリティ演習支援サービス

事業継続に重大な影響を伴うサイバーインシデントへのコントロールを検証

自社の特定の事業部門を対象としたサイバーセキュリティ演習の実施を支援します

国内外のサイバーセキュリティ専門家の知見とノウハウを投入し、経営レベルのサイバーセキュリティレベルをビルドアップします

具体的なサービスのリスクを分析し、リアルなサイバーインシデントを想定した演習プロジェクトの実施を支援します

問題発生から事実関係の把握、内部へのエスカレーション、外部関係者とのリスクコミュニケーション、ビジネスインパクト分析など、フォーカスするポイントは多岐にわたります

機密情報の情報漏えいやサービス妨害による機会損失、それにともなうレピュテーションリスクなど、リアルな想定の演習実施を支援します

インシデント発生時対応技術に関するハンズオン講座

■セキュリティ技術者の腕磨き

環境を使ってインシデントを疑似体験

技術者が初動でおこなう調査手法を学習

チーム(5名程度)で開催するハンズオン講座。

環境を使った体験を通じて、インシデント対応の流れや初動対応時の調査をチームで取組むことで、実戦に生かすことを目的にした内容