スタッフ紹介

Armorisの強みについてはこちらをご覧ください

講師スタッフ

鎌田敬介

(Keisuke Kamata)

取締役専務 CTO

元ゲーマーで、大学時代にITエンジニアとしてネットワークからアプリまで一通り経験。2002年よりJPCERT/CCにてセキュリティを学び、国際連携や海外セキュリティ機関の設立を支援。半年間の経営コンサルタント助手を経て、2011-2014年、大手金融機関のIT・サイバーセキュリティ管理に従事。その後、一般社団法人金融ISAC立ち上げに参画。現在は複数の組織に所属しながら、各種セキュリティコミュニティの活性化支援、国内外講演や幹部向けのレクチャー、技術者向けのハンズオントレーニングなどを行う。著書に「サイバーセキュリティマネジメント入門」および英語版の「Introduction to Cybersecurity Management」。

竹田春樹

(Haruki Takeda)

執行役員 CXO

2004年より、一般社団法人JPCERTコーディネーションセンターにてサイバーセキュリティに関わる業務を開始。定点観測システムの運用、情報収集発信を行う早期警戒業務などを経験し、2006年よりアーティファクト分析業務に従事。インシデント対応支援業務を通して標的型攻撃など、実際に発生したインシデントで確認したマルウエアや各種ログ情報、攻撃ツールなどの各種アーティファクトの調査・分析業務を実施。2012年にリーダー、2016年にマネージャーに就任。対外的な講演やハンズオントレーニングの講師を行うなど幅広く活動を行う。現在はOSINT (Open Source Intelligence) を用いた情報収集分析業務を中心に活動を行なっている。ついたアダ名は麻呂またはタイポキング。

宮内 雄太

(Yuta Miyauchi)

CYO

2012年に情報系大学院を修了後、某大手銀行グループにてシステム基盤開発を担当。2014年にセキュリティの世界に足を踏み入れた後、2018年よりグループCSIRTのメンバーとしてインシデント対応やグループ内外でのサイバー人材育成に従事。

DOJO Liteではメイン講師を担当。CISSPホルダー。たまにDEFCONに参加する。うさぎをこよなく愛する。うさぎしか目がない。

本多 暁

(Akira Honda)

DOJO Operation Manager

SIの世界から召喚されたなんでも屋。DOJOでも何でもやる、新型モ○○スーツ

言いたいことはいろいろあるけれど大人の事情なのでお察しください、と言いたいけどそれすら言わない新型モ○○スーツ。もちろん、スーツにネクタイが標準装備、のはずだったが最近くだけてきた。スナフキンに似ているという噂があったが最近はドラ○もんである。

川崎 真郷

(Masato Kawasaki )

マネージャ CZO

中央省庁在籍中の2015年より本格的にIT/セキュリティの世界へ。所管業界横断的な官⺠連携サイバーセキュリティ演習の企画やIT大学院への派遣、所属組織のIT戦略⽴案等を経験。

2020年4月より現職。公共セクターでの経験を活かしつつ、従来の枠組みにとらわれない新たな社会貢献に取り組むべく、DOJO事業の展開等をサポート。

次世代スタッフ U24

ふざけた名前にみえますか?そう思う人こそ接してもらいたいのがこの次世代スタッフ(学生)たちです。

日本の次の時代を背負う人材たちから学ぶことは多いと思いますよ。

SSSS.ZERO

DOJO Operation Manager

電気の通るものは何でも好物。いつか世界を征服しようと黒魔術の学習に余念が無いまま高校を卒業。オトナなはずなのにコドモであることはArmorisのメンバーとして十分な素質を秘めていることは間違いない。自分が知っていることは知っていることだけだと主張。電脳世界のみでは飽き足らず物理空間における操舵能力を得た。音でエンジンを判別する能力を持つ。口癖は「 () 」

Tayu

「メモリとHDDとSSDは食べ物」が信条の大学生。いつか空からの使者(天使希望)により天啓を受け、勇者になると信じている。マザボは別腹。剣より斧派。ピザはとりあえずLサイズ1ホール。いまは10Gのルータがほしい。何に使うのか?それは人生に意味を求めるのと同じだ。

bebe/sjcl

見た目で戦力の高さは推定可能だが、真の実力を隠し続けているため正体不明。もはや高校生ではない。一日を電車の中で寝て過ごすこともあるが本人は気にしない。履歴書の写真をまっすぐはれるようになるまで道のりは遠い。

Shadero

めがね2。えくせる家計簿だいすきくん。ゲームを作ったりフィギュアを飾ったりしながらモニターはでかい方が良いと思っている高校生のはずがいつのまにか大学生。1度寝るとカビゴン並に起きないうえに周りに流されやすく、「おかねがない」が口癖。本当はVRの世界に生きていたいんだけどやんごとなき事情がそれをゆるしてくれないけれども、PC用のファンと空気清浄機用のフィルタを組み合わせてミニ空気清浄機と言い張るが、効果はなさそうなのになんか満足している自分がカッコイイと思っている。

Kaepi

steamで大量の積みゲーがあるが実はクソゲーコレクターでもある。名作ゲーよりはクソゲーの話題の時の方が目が輝く性質を持つ。その技能は多岐にわたり、鯖構築やプログラミング、ハッキングはもちろんのこと映像制作やリサーチにも余念がない。Windowsの壁紙はあまり目にする機会がないのでデフォルトのままでいい、しんぷるいづべすと。それがKaepiの信条だ。

seigo

ぱっと見大人しい(実際大人しい)けどなんかいろいろ作ったり、あれこれとチャレンジングなことをするタイプ。現在は現役大学生。プログラミングのみならず、物理世界への侵攻にも余念がない。戦車をラジコン化してみたり、遠隔操作の殺虫剤噴霧ロボを作ってみたり、自分の妄想を具現化することに喜びを感じる、そして、今日もどこかで新たなプロジェクトに勤しんでいる。

PRスタッフ

酒井 真弓 Mayumi Sakai)

ノンフィクションライター。アイティメディア(株)で情報システム部を経て、エンタープライズIT領域において年間60以上のイベントを企画。2018年、フリーに転向。記者、広報、イベント企画、マネージャーとして、行政から民間まで記事執筆、企画運営に奔走している。日本初となるGoogle Cloud公式エンタープライズユーザー会「Jagu'e'r(ジャガー)」のアンバサダー。著書に『ルポ 日本のDX最前線』 (集英社インターナショナル) など。多彩なコネクションを活かし、Armoris創立当初よりその活動について情報発信を行っている。

Armoris顧問

エストニアのサイバーセキュリティ権威が顧問としてArmorisを強力に支えます。

レイン・オッティス

Rain Ottis

顧問

エストニアのタリン工科大学教授でサイバーセキュリティマネジメントの教鞭をとるとともにデジタルフォレンジック(捜査)センターの責任者を務める。NATOサイバー防衛センターで戦略分析などを担当した経験を持つ。現在、同センターにおける演習の評価チームリーダー。

ヤーン・プリッサル

Jaan Priisalu

顧問

NATOサイバー防衛センター(在エストニア)のシニアフェローをはじめ、ブロックチェーンや仮想通貨企業で CTOを務めた経験を持ち、重要インフラ や情報資産の防衛分野における世界的権威。NATOサイバー防衛センターでは世界最大となる 防衛技術演習を創設した。