サービス

多種多様なトレーニングプログラムにより、問題解決能力を備え、社会に貢献する人材を育成します。

ターゲット別/レベル別のトレーニングプログラム

多種多様なトレーニングプログラムの中から、みなさまの目標や目的に応じて最適なプログラムを選択いただけます。

サイバーセキュリティトレーニング

自分のペースで課題に取り組む「次世代型サイバー人材育成」プログラム

受講生自らが課題と目標を設定し、Armoris講師の支援を受けながら自らの成長を図るプログラムです。組織での問題解決や人材育成を期待される受講生が集まっており、組織や企業を超えた受講生の交流も期待できます。

個別テーマを集中的に学ぶ体験型トレーニングプログラム

2日間程度でIT基礎、OSINT、インシデント対応などのテーマ別に学ぶ短期集中型トレーニングプログラムです。セキュリティ部門だけでなく広くIT部門向けのコースも開設しています。

学ぶ・知る・考えるをテーマとしたワークショップ

企業CSIRTやSIerなど現場経験が豊富な講師による、事例ベースでわかりやすい講義と質疑応答によって正しい理解と考える力を身につける、2時間のオンラインワークショップです。

セキュリティ部門でお仕事している方に限らず、IT部門全般や管理部門において「これからセキュリティを学びたい」「世の中の動向を知りたい」初級者の方に最適です。

サイバーセキュリティ基礎ウェビナー

最近のニュース読み解きや、「そもそもログってなに?どう見るの?」「パスワードの守りかた・破り方とは?」「ウイルス対策ソフトはどう動くの?」など基礎的な技術内容を易しく講師が解説する2時間コースのウェビナーです。

技術から管理までコントロールする実戦型演習プログラム

技術担当者・管理担当者・司令塔(CISO)役でチームを編成し、模擬環境での半日程度の演習を通じてインシデントハンドリングを体験する講座です。

2021年5月よりサービス開始

社内啓発・人材発掘支援

eラーニングコンテンツの作成やオンライン形式の社内CTFイベント支援等を通じて、社内啓発・人材発掘を支援します。

本プログラムの内容につきましては、個別にお問合せください。

  • Armoris e-Learning (動画形式等によるコンテンツ作成)

  • Armoris Challenge(社内CTFイベントの開催支援)

演習企画支援・各種アドバイザリー

Armoris DOJO Ultimate

国内外での実績、ノウハウを活用した支援プログラムです。

本プログラムの内容につきましては、個別にお問合せください。

  • 経営層向けサイバー危機対応机上演習

  • CSIRTメンバー向けハイブリッド演習

  • サイバーセキュリティセミナー

Armorisトレーニング活用・事例紹介

CASE-1】Armorisのトレーニング活用方法について

凸版印刷株式会社 西日本事業本部 事業戦略本部

情報セキュリティ管理部 与語篤史さん

CASE-2ランサムウェア対応を疑似体験するワークショップを開催

「HENNGE One」をはじめ、企業向けのSaaSを開発・販売するHENNGE株式会社は、10月20日、3年ぶりのリアルイベント「HENNGE NOW!」を開催。この中で、Armorisは、企業のセキュリティを担う約100名の参加者とともに、ランサムウェア対応を疑似体験するワークショップを行いました。